忍者ブログ
主にコンシューマーゲームとかそういう。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

というわけで、休みを利用してバッファ棒のレバーを三和化しました。
工作たのしー^q^


前回はボタンを三和ボタン化したところで切り上げましたが、
今回はついにレバーに手を付けます!
ボタンの方はファストン端子標準装備なので、
ぶっちゃけ挿し替えるだけだったんですが、
(ボタン配置とか変更したので導線延長なんかしましたけど)
レバーはそうはいかないので大幅な作業を行ないます。

とりあえず、レバー以外にはハーネスを買っておきましょう。
必要以上の長さの導線を使用しているので、
延長用導線の調達にも使うといいでしょう。

0032.jpg

デフォレバーの状態がこちら。
いつ見ても生まれたての小鹿のような支柱ですね。
これの四方のネジを外します。
レバーボールは先に外しておきましょうね。

で、ネジを抜いて支柱パーツを抜くと、
レバーの周りの4つのスイッチも外せるようになります。
想定の範囲内とは言え、結構安っぽい作り。

スイッチには基板から導線が伸びてるので、ニッパーで切っていきます。
基板から伸びてる導線が相当短い為、
出来るだけスイッチ側に近い位置で切ります。

こんなの×4がついてる。
0047.jpg


スイッチやらレバーやら全て取り払うと
↓こうなります。
0046.jpg

このベース部分をニッパーでバキバキともぎるわけです。
多分一番疲れる箇所ではないでしょうかね。

0048.jpg
切れ目を入れて…

0050.jpg
グリッ!ともぎとる。

ネジ受けの部分や、干渉する箇所なども切り取っていきます。
残ったバリ部分はデザインナイフ等で処理。
今回は粗めの紙やすりで平らになるまで均しました。

0051.jpg
すっきり。

続いて、先程スイッチから切り離した導線と、
ハーネスの導線を繋ぎます。
上下左右とGNDを、繋いではチェックします。
テスターがあると捗るのではないかとは思いますが、
そのような気の利いた物は無いので黙々とPCで確認。

確認したら半田で導線を繋いだ部分を固めていきます。
固めたら絶縁テープを巻きます。

裏側からの作業になるので上下左右の反転に気をつけましょう。
レバーの入力チェックは表からレバーを操作した方がいいです。
自分は左右反転してて半田除去して繋ぎ直すはめになりました(^q^)


e8df9755.jpeg

基板とハーネスをつなぎ、レバーにハーネスを差し込みます。
そしてレバーを仮止め。

ベース部分ですが、最終的にはレバー上部の干渉と、
ハーネス部分への干渉がある為、赤丸部分も切り取りました。
ハーネスの向きとか考えるべきだったかも。

0056.jpg

表から見るとこうなります。
一個穴を開けてから「2点支持でいっかー」って思い直した為、
みっともない穴が一個開いております。
本当はベースとか付けて4点支持にすべきかと思います。

手への接触に問題がなかったので、トラスネジ止めしてますが、
気になる方は皿ネジを使うといいです。ていうかそっちが基本ですね。
皿ネジ用に穴を削るのが面倒だったゴニョゴニョ。


てな感じで終了ーってなもんです。
余分な穴はその内塞ぎたいですが…
初めてのアケステ改造でしたが、非常に面白かったですねー。
また安物スティックが手に入ったらいじくりたいです。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/20 まどはと]
[07/21 ジゲン]
[05/19 まどはと]
[05/19 ジゲン]
[04/15 まどはと]
最新TB
プロフィール
HN:
まっどはっと
性別:
男性
職業:
でばが
趣味:
ゲームとか海外ホームドラマとか
自己紹介:
DQ3で文字を習得したと親に言われたレゲーマー。
ドット絵で描かれるキャラクターが大好き。

主にSLGやRPG等の反射神経を必要としないゲームが守備範囲ですが、一応マリオ2とかクリアできます。

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]