忍者ブログ
主にコンシューマーゲームとかそういう。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっとテイルズオブヴェスペリアを3周クリアとかしてたら更新忘れてました。いやはや、面白いですねToV。戦闘も面白いしボリュームあるし、やっぱり何と言ってもボク女の(ry

というわけでToVを猿のようにプレイしてたのですが、ついに発売してしまったアイドルマスターSPの為に中断と相成りました(最近バンナムとスクエニのゲームしかやってないなぁ)。のでちょろちょろっとレビュー。

まあSPと言った所でアイマスですし、基本システムは変わらないわけで、規定週以内にアイドルランクを上げて行くわけです。SPでは「ストーリープロデュース」というモードがありまして、ライバル事務所のライバルキャラとの衝突、対決、そして芽生える友情と、従来のアイマスと比べてシナリオ性の強いモードがメインとなってるのですが、俺の購入したバンゲリング……もといワンダリングスターでは「王女」を自称する不思議お嬢様系キャラ「四条貴音」が登場します。王女と言えばプレイヤー属する765プロにもデコ王女伊織がいるわけで、この二人の絡みは凄まじい物が。

このストーリーモード、初心者にも入りやすい難易度となってて丁寧なつくりに感じました。最悪コンティニューもあるので、粘ればどうにかなる感じですね。

また、ワイヤレスで対戦オーディションができたり、「名刺」を交換したり、余ってるアクセサリーを他のプレイヤーとやりとりできたり。ネットショップでは箱○版同様衣装や曲をリアルマネーで購入できます(箱○のように100ゲイツ200ゲイツ、ではなくストレートに¥100とか¥200とかになるので生々しさも倍率ドン、更に倍。一体プロデューサー達はどこまで搾取されていくのか)。他にも、従来通りのプロデュースを行えるフリープロデュースモードもあってモードは結構充実してます。対戦オーディションについては、もうちょっと煮詰めれた気もしないでもないですが。

と言うわけで箱○版をガッツリやりこんだ人にも意外にオススメのアイマスSPでした。「トロフィー」システムでやりこみがいもバッチリ!30人と通信して名刺を交換しろとか!


イベントでも行かないと無理だろ…orz
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
TrackbackURL:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/20 まどはと]
[07/21 ジゲン]
[05/19 まどはと]
[05/19 ジゲン]
[04/15 まどはと]
最新TB
プロフィール
HN:
まっどはっと
性別:
男性
職業:
でばが
趣味:
ゲームとか海外ホームドラマとか
自己紹介:
DQ3で文字を習得したと親に言われたレゲーマー。
ドット絵で描かれるキャラクターが大好き。

主にSLGやRPG等の反射神経を必要としないゲームが守備範囲ですが、一応マリオ2とかクリアできます。

バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]